毎日新聞に、女性向け作業服「たじまウィメンズワークウェア」市販化協定について掲載されました。

2017.11.28メディア掲載情報

毎日新聞に、『「女性向け作業服」市販化へ 但馬県民局、社会進出を後押し シルエット重視、デザイナーが開発』というタイトルで掲載されました。

但馬県民局が開発した「たじまウィメンズワークウェア」は、女性の意見を反映させた、女性向けの作業服です。
建設関連業に携わる女性の割合が増加傾向にある中、「女性向けの作業服が少ない」という不満の声を耳にした但馬県民局が、デザイナーの岡本剛二さんに依頼し開発がスタート。
2017年10月27日には、但馬県民とアグロワークスの市販化協定を結ばれ、アグロワークスが製造・販売する事が決定しました。

「たじまウィメンズワークウェア」は、シルエットを大切に、ファスナーのデザインなどで女性を意識したワークウェアとして、女性の社会進出を後押しするため、今後も更に改良していく予定です。

詳しくはこちら